So-net無料ブログ作成
検索選択

小沢前幹事長 「よみがえりの道」熊野古道を散策(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎前幹事長は12日、和歌山県の世界遺産・熊野古道を訪れ、約20分間、険しい山道を散策した。「よみがえりの道」とされる熊野古道。小沢前幹事長はその歴史に触れ、「私個人も民主党も、もっと辛抱強く我慢して努力を重ねると、また国民の皆さんの信頼を勝ち取ることができる。身も心も洗われ、再生する」と心境を述べた。

 小沢前幹事長はまず、同県田辺市の「中辺路(なかへち)・滝尻王子」を参拝。その後、同行のガイドから解説を受けながら、党県連幹部らと共に草木に覆われた古道に入った。小沢前幹事長はスーツに革靴姿。04年7月、年金未加入騒動に絡み、頭を丸めて白装束につえという「お遍路スタイル」で四国霊場を巡った菅直人首相とは対照的なスタイルだ。

 「ポジションには固執していない。私を捨てて、あらゆることに取り組むことが改めて大事だと分かった」と終始、にこやかだった小沢前幹事長。「(熊野古道には)一度、来てみたかった。参院選後には体をきたえて、本宮(熊野本宮大社)まで歩きたい」と意欲も見せた。一方、急上昇した内閣支持率に質問が及ぶと「国民がよろしいと判断してくれればそれでいい」と表情は神妙になった。【平野光芳】

【関連ニュース
駅弁季語:熊野古道弁当〜JR紀勢線新宮駅、紀伊勝浦駅(和歌山県)
懐かしの味:郷土料理百選から めはりずし−−和歌山
我輩はたまである ローカル線の猫駅長/2
私だけのふるさと:辻原登さん 和歌山県印南町
和歌る?紀になる!:樹木医も都市集中化 「木の国」なのに10人… /和歌山

口蹄疫拡大 封じ込め失敗、落胆深く 農水省(産経新聞)
敬礼してきた小学生殴打、37歳会社員逮捕 静岡・富士(産経新聞)
中古車解体所の解明指示=法令駆使し積極摘発を―「国際犯罪の拠点」・警察庁(時事通信)
小林千代美氏「責め負わねば」「離党考えず一党員として活動」 辞職会見一問一答(産経新聞)
九州の雨、さらに激しく=近畿、東海にも―気象庁(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。