So-net無料ブログ作成
検索選択

「関西での基地受け入れ」橋下知事発言の真意はどこに? 府民不在と違和感も(産経新聞)

 【橋下府政ウオッチ】「答えが出せないなら知事会は解散だ」。米軍・普天間など沖縄の基地機能や訓練の分散移転について、鳩山由紀夫首相が13日、全国知事会(会長、麻生渡福岡県知事)に協力を要請したことを受け、大阪府の橋下徹知事は、府庁内で記者団に言い切った。

 さらに、「今まで基地を受け入れていないところが受け入れるべきで、真っ先に考えないといけないのは関西だ」と続け、受け入れにも含みを持たせている。

 今回の問題で、橋下知事は昨年11月から一貫したメッセージを発信し続けている。あくまで個人的な見解と断ったうえだが「国から正式な話があれば(議論を)受け入れる方向で考えたい」という内容だ。

 当初は「個人的な見解」だったが、橋下知事はそこから踏み出し、12月の知事会では「知事会として同じテーブルで協議すべきだ」と問題提起。多くの犠牲者が出た沖縄の地上戦に触れ「沖縄には多大な負担をかけた」と説明し「地方が政府に対し対等の関係を求めるなら責任も負うべきだ」と語っている。

 だが、会合に出席した大半の知事からは「時間が足りない」といった意見が相次ぎ、このときは「継続」として議論は持ち越された。5月27日の知事会では鳩山首相が沖縄問題について提案を行う注目の会議。ここでも知事会が何の回答も出せないと、知事会の存在感にもかかわることになるだろう。

 ただ、こうした橋下知事の動きには違和感も感じている。議論が府民不在で進められているように見えるからだ。これまで関西での基地受け入れが議論されたことは皆無に等しい。想定される受け入れイメージもなく、府民が基地問題を考える判断材料があまりにも不足していると思うのだ。

 19日の定例会見で橋下知事は、沖縄の負担軽減についての見解を問われ「日米安保についてどれだけの金やマンパワーが投じられているのかが目に見えていないことが問題」と指摘したうえで「子供たちに修学旅行で米軍基地を見せるべきだ」とも語っている。

 会見のなかで橋下知事は「今、思いつきました」として「子供たちの修学旅行で米軍基地に行かせたらいいと思う。府教委にいえばだめといわれるかもしれないが…」と発言。「広島、長崎も大事ですが現実に軍隊がどんなものか見る必要がある。僕も知らなかった。大人になるまで分からなかった」と話し、騒音や危険の問題を含め、基地の抱える地域の現実を知る必要もあるとした。

 また、軍事力の問題は政治家による決断が重要だとし「国民のうち1千万人が反対しても1億1千万人が賛成すれば進めるべきだ。そうしないと沖縄の問題は解決しない」とも語った。

 受け入れを議論するとしても、イメージなしでは話をするのも難しい。実現できるのならば修学旅行も実施すればよいと思う。具体像もなく、知事が本気で関西受け入れを考えるのであれば、空港問題や大阪都構想を訴えたように、基地問題をテーマにしたタウンミーティングなどを開いてみるのはどうだろうか。(今西和貴)

【関連記事】
橋下知事「国会議員巻き込まないと…」
橋下知事、河川整備計画「危険まとめた資料作る」
橋下知事「子供たちに米軍基地をみせるべき」
橋下知事、普天間「V字滑走路案にするべきだ」
橋下知事「移設先が京都や兵庫でも住民にすいませんという」
中国が優等生路線に?

<天気>名古屋は真夏日か 各地で暑い1日に(毎日新聞)
「ネット選挙解禁」でもツイッター「自粛」 参院選に向けて「見切り発車」(J-CASTニュース)
日米合意に「辺野古」明記=普天間移設、28日正式発表(時事通信)
刺し傷、心臓まで=殺人事件と断定―新潟県警(時事通信)
ボンバル機 レーダー故障(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。